飲んで良し!食べて良し!

美肌の味方ハトムギ

お茶・お粥・エキスで健康づくり

志田 信男 著 1995.02.25 発行
ISBN 4-89295-346-6 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


あらためて知ってほしいハトムギの薬効

美肌の味方ハトムギ

ハトムギ(鳩麦)は、ハトムギ茶として多くの人々に愛飲され、そのさわやかな飲み心地から、“漢方の薬”であることすら忘れてしまっている人もいるようです。しかし、このことはたいへんいいことなのです。漢方薬は、効果が出るのを急がずに、毎日飲み続けることこそもっとも大事なのですから。

ハトムギは、古くから利用されてきた漢方薬のひとつです。漢方の原典ともいうべき書物にもハトムギの記述はありますし、その後に編纂された漢方の研究書にもハトムギがもれることはありませんでした。それほど重要な生薬のひとつなのです。

しかも、漢方薬のほとんどが、さまざまな生薬を混合させることで薬としての効果を発揮するものであるのに対し、ハトムギはこれだけでも多くの効果を発揮します。つまりは、漢方の知識がない素人でも安心して利用できるというわけです。こうした生薬はそう多くないのです。

ハトムギ茶がブームになったきっかけは、健康だけでなく“美容”にも効果があるというところだったのでしょう。まず女性に受け入れられ、女性を通して家庭のなかにも浸透していきました。もちろん、ハトムギの持つ効果は美容効果だけではありません。なぜ、美容にいいのかをつきつめていくと、人間のからだそのものを健康に保ち、からだのなかから美しくしてくれるのだということに気がつくでしょう。ハトムギは腎臓や肝臓、ひいては成人病などにも効果を発揮してくれるのです。

もはやハトムギブームは終わったなどという人もいて、そういう人は常に新しいブームの健康食品を追いかけているようです。ですが、素晴しい生薬にブームは関係ありません。

この本でハトムギの良さを再認識してもらえたら幸いです。

その他のお茶とハーブ関連書籍