美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ

天然のビタミンCやリコピンで素肌いきいき

井上 正子 著 2003.11.30 発行
ISBN 4-89295-440-3 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


毛穴の黒ずみまでラクラク一掃

美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ

黒ずみの正体は古い角質+皮脂
毛穴の黒ずみも、多くの女性を悩ませるやっかいな肌のトラブルです。
とくに顔のTゾーンと呼ばれる皮脂の分泌が多いところに出現しやすく、鼻の頭や、小鼻の部分に黒いぶつぶつが浮き上がっている人は結構います。
毛穴に詰まった黒ずみの正体は、古い角質やほこりが皮脂と混じった「角栓」と呼ばれるものです。
おもに紫外線の影響で皮脂が酸化され、過酸化脂質を形成することで、黒く変色するのです。
角栓は、見た目に美しくないばかりか、そのまま放っておくと、過酸化脂質が連鎖的に周囲の組織を酸化し、炎症を引き起こします。
ニキビやシミ、皮膚炎の引き金にもなるので、毛穴の黒ずみを見つけたら、早めに解消することが望まれます。

多方面から毛穴をきれいにする
ローズヒップに豊富な抗酸化成分は、皮脂の酸化を強力に阻止します。
そして、すでに酸化されて黒くなった角栓、あるいは連鎖反応で生じた周囲の過酸化脂質については、ローズヒップ中のビタミンEが無害化してくれます。
さらに、抗酸化成分の相乗効果で余分な活性酸素を一掃できれば、結果的に表皮のターンオーバーの活性化にもつながります。
このようにローズヒップは、多方面から効果を発揮してくれるのです。
ちなみに、あるテレビ番組で行なわれた実験では、特別な洗顔法などとあわせて、対象者の女性にローズヒップティーを10日間飲み続けてもらった結果、実際に毛穴の黒ずみが解消されたケースが紹介されていました。


その他のお茶とハーブ関連書籍