美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ

天然のビタミンCやリコピンで素肌いきいき

井上 正子 著 2003.11.30 発行
ISBN 4-89295-440-3 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


美肌づくり、健康づくりのおいしいサポーター

美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ

いま女性のあいだで、ローズヒップティーというお茶が静かなブームを呼んでいます。ローズヒップとは「野バラの実」のこと。その実を乾燥させて砕き、湯をそそいで浸出させたものがローズヒップティーです。
赤橙色をした、ほんのり甘酸っぱいフルーティーなそのお茶は、仕事や家事・育児で忙しい日々のひととき、ふと口にすると心身の疲れがすーっと癒される思いがします。
そして、お茶を飲み終えたあとのもう一つの楽しみが、カップの底に残ったジャム。ジャムの正体は本文であらためて紹介しますが、毎日、このお茶とジャムをセットでいただくことで、美肌づくり、健康づくりに、思いがけないほど大きな自然の恩恵を享受できます。
ローズヒップには、美容および健康効果の高い有効成分が驚くほどたくさん含まれているからです。ビタミンCをはじめ、ビタミンE、ベータカロチン、リコピン、ビタミンP(フラボノイド)、カルシウム、鉄などがそうです。
日本では、野バラはそれほど身近な植物ではなく、薬用効果についても最近まであまり注目されていませんでした。
一方、ヨーロッパの人々にとって、野バラは昔からなじみ深い植物で、ゲーテの詩にシューベルトやウェルナーが曲をつけた歌曲『野バラ』が長く愛されている事実からもそれがうかがえます。
野原を彩る野バラは、ヨーロッパの人々にとって目に美しい風物であると同時に、秋にみのるその実は冬を乗り切るための大切な貯蔵食であり、病人を癒す薬用ハーブとして重要でした。また、花は香料として、さらに根株はガーデニングの観賞用バラを挿し木する台木に用いられます。
私が数年前にデンマークを訪れたときも、お城の敷地などでとても手入れの行き届いた野バラの生垣をしばしば目にしました。
本書では、この愛らしい野バラの申し子、ローズヒップの美肌効果と健康効果について詳しく紹介してあります。
美しさと健康を育むには、栄養管理が重要なポイントとなりますが、その心強い味方としてローズヒップは最適です。
前記しましたように、野バラの実のなかには驚くほど多彩な健康成分が豊富に含まれています。まさに天の恵みといって過言でなく、話題の栄養素が勢揃いといった感じです。
加えて、ローズヒップは嗜好飲料としてもおいしいところがもう一つの大きな魅力といえるでしょう。
いつまでも美しく、健康であり続けるために、ぜひ今日からローズヒップティーで、おいしい美肌づくり、おいしい健康づくりに挑戦してみてください。



その他のお茶とハーブ関連書籍